Q&Aよくある質問
Q&Aよくある質問

発電機の負荷試験を行う当社は点検のプロです

発電機の負荷試験ならメンテナンス実績が豊富な当社へ

発電機の負荷試験は法律で義務付けられている重要な試験です。
株式会社アヴェンタは、そんな重要な試験を中心に行っている電気点検のスペシャリストです。
非常用の発電設備は、いざという時に正しく作動しなければ、その役割を果たすことができません。
当社は、災害時の電気負荷を想定した電力を流すことで、実際の非常事態に近い環境で試験を行います。
当社で行う発電機の負荷試験は、災害時の2次被害の発生を防ぐ役割を担っております。

よくある質問

負荷試験の作業にはどのくらいの時間がかかりますか?

現場によって様々ですが、最短60分程度~長くても4時間程度で完了します。
同日に複数台の試験も条件によっては可能です。

対応可能なエリアは決まっていますか?

当社は関東一円での業務を主としていますが、関東圏外でも対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
その場合、所定の交通費および宿泊費を頂戴する場合がございます。

負荷試験は任意で行えば良いものですか?

消防法の定めにより1年に1回、30%以上の負荷をかけた出力確認の点検を行うよう義務付けられています。

発電機の負荷試験など、お客様の非常用発電システムの正常作動を助ける作業を行っている株式会社アヴェンタは、人々の安全を支える非常にやりがいのある事業を営んでおります。
非常用の発電設備は、作動して当たり前という感覚は捨てるべきです。
日本で過去に起こった大きな災害時にも、非常用の発電システムが作動しなかったケースは少なくありません。
非常用の発電設備は、火災時のスプリンクラーの作動や、夜間の災害時の照明など、命に関わる設備を動かすための命綱です。
それだけ重要な設備であるにもかかわらず、本当に必要な時に作動しないという事例は後を絶ちません。
当社は、万が一の事態にしっかりと発電機が作動するように、負荷試験を行い、お客様の安全を確保いたします。
当社の行う試験は、専門知識に基づいて確実に行います。