LOAD TEST 負荷試験について
LOAD TEST負荷試験について

発電機の負荷試験はメンテナンスも行う当社まで

発電機は作動確認の負荷試験を定期的に行うことが定められています

発電機の負荷試験は、正しい負荷を掛けて試験を行っている株式会社アヴェンタへご依頼ください。
非常用の発電設備は、災害時にスプリンクラーや非常用ポンプを動かすための重要な設備です。
発電設備の作動次第で2次被害の大きさが決まると言っても過言ではありません。
普段から定期的に正しい試験を行うことは、その建物に関わる全ての人の命を守る行為です。
発電機の負荷試験なら、株式会社アヴェンタが責任を持って担当いたします。

負荷試験とは?

負荷試験とは非常用発電機に負荷をかけて、本来の規格通りの能力を発揮することができるかの試験となり、消防法で義務付けられております。

負荷試験を行わないと、非常時に発電機負荷がかかった場合、作動しないか火災を起こす危険があります。
また、万が一非常時に非常用発電機が正常に稼働しなかった場合、避難経路となるエレベーターが動かなかったり、消火に必要な水道が出なかったり、火災時の為のスプリンクラーが作動しなかったり、人命に直結する人工呼吸器が動かなかったりと人命に関わる重大な二次災害が起きる危険もあります。

非常用発電機の負荷試験の方法と仕組み

有事の際、電力会社からの電力供給が途絶えてしまった時に、非常用発電機は自動で電力源を切り替えて稼働を行い、スプリンクラーなど動作の必要な設備を動作させます。
その為、本来、非常時以外に非常用発電機に負荷がかかる事は通常ありません。

負荷試験を実施する際は専用のユニットを搬入し、本来電源供給される施設側の接続を遮断して試験ユニットと連結させます。
そして非常用発電機と試験用のユニットを稼働させて、実負荷に近い模擬的負荷をおよそ30分程度かけていきます。
この試験を実施することで実際に負荷をかけた時に、正常に電力供給が行われているかをチェックするとともに、異音や黒煙や異臭を発生させるなどの不具合がないかを点検します。

消防法に基づく非常用発電機の点検の基準

点検種別 機器点検 総合点検
方法

・設備の正常な作動を確認する。
・機器の適正な配置、損傷の有無等を主に外観から確認する。
・設備の機能について、外観から又は簡単な操作により確認する。

・設備の全部若しくは一部を作動させ、又は使用することにより、総合的な機能を確認する。

実施者

・消防設備点検資格者
・自家用発電設備専門技術者

頻度

6カ月に1回

1年に1回

報告

消防用設備等点検結果報告書による消防機関への点検結果の報告は、消防用設備等が設置された次の防火対象物の種類に応じ、防火対象物の関係者が行う。

・特定防火対象物の場合→1年に1回報告
・非特定防火対象物の場合→3年に1回報告

基準

・自家発電設備の点検基準(消防庁告示)
・自家発電設備の点検要領(消防庁通知)

罰則

・点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は、消防法第44条の規定により、30万円以下の罰金又は拘留。
・罰金等を受けた者が所属する法人についても、同法45条の規定により同額の罰金刑。

発電機の定期的な負荷試験は、専門業者である株式会社アヴェンタへお任せください。
当社は、非常用の発電設備の試験を主な業務としており、専門分野に特化したノウハウを駆使して確実な試験を行っております。
人の命に関わる業務ですので、一切妥協なしで業務に取り組んでおります。
発電機の負荷試験は、実際の災害時にかかる負荷を想定して行う試験で、エレベーターや消火設備がしっかりと作動するための負荷に耐えられるかどうかを見極める役割を果たします。
また、ディーゼルエンジン内に溜まったカーボンを排出させる役割も果たします。
法律で義務付けられているこの試験は、当社のような専門業者へ必ずご依頼ください。
負荷を掛けずに電源の点検だけで済ませてしまうお客様もいらっしゃいますが、大惨事に繋がる恐れもあるため、正しく試験を行うことが重要な課題になっております。